社員紹介 エムファーストで働く、プロフェッショナルをご紹介します。

Designer〈デザイナー〉

  • prev
  • next

営業に叱られていては品質を守れませんから。

仕事のやりがい・面白さは?
品質管理課の仕事は、品質を厳守し、安心・安全な商品を取引先のお客様と消費者に提供すること。その責務をまっとうする責任感やプレッシャーはありますが、品質にこだわる当社にとって重要な業務を任されているやりがいがあります。
仕事で大変なことは?
生産の8割を占める中国の生産現場とのコミュニケーションです。工場の清掃状態から、針・ハサミといった危険物の管理、虫の侵入はないかまで、チェックシートを用いて細かく確認し、改善点があれば現場に伝え改善を求めますが、中国人だけの工場もあり、言葉の壁に苦労しています。特に、ニュアンスや感覚は、伝えるのが難しいです。
仕事で大切にしていることは?
品質や正当さについて、妥協しないこと。お客様がいて、納期が決まっていても、品質がおろそかになっては、本末転倒です。許容範囲の中で「ダメなものはダメ」を徹底しています。私も営業にいたので、営業の立場が理解できるだけに心苦しいのですが・・・。営業に叱られることを恐れていては、品質を守れませんから。
エムファーストの強み・魅力は?
オリジナリティーのある企画提案型企業であること。素材開発から企画提案、生産、物流・配送まで自社で情報を一括管理し、SCM(サプライチェーンマネジメント)の力を発揮できるシステムを確立している点が、強みだと思います。
今後の目標・夢は?
現在の品質管理課を「品質管理部」として確立させること。商品企画や仕入れの決定にあたり、品質に関する基準の設定、品質の判定・指導を行う任務を全うし、当社の品質管理のスペシャリストとして活躍することです。
1987年卒業
業務部 品質管理課
主任

Profile

1990年に、異業種から転職入社。2年間、営業職に就いた後、2011年に品質管理課に異動。主な仕事は、社内、国内外の工場、検品所に対する品質の管理・指導。数カ月に一度は中国を中心に海外工場にも出向き、品質向上に向けた改善指導を行っている。


1日のお仕事

検品報告書が社内の基準通りの内容を満たしているか確認

検品所と、検品状況の確認のやりとり(メールや電話)

発生したクレームの原因究明→営業に同行しお客様先への事情説明へ

品質不具合の再発防止策の検討

2カ月に一度、中国工場へ出張

ページトップヘ