企業理念・社是

人の和を第一義として社是に掲げ、堅実経営を旨として、製造卸の機能を遺憾なく発揮することにより、顧客満足度の高い商品をより広く社会に供給することに専念し、もって企業の生産性向上に努力し、顧客の利益、社員の幸福、会社の発展を目指して邁進する。

株式会社エムファースト(M-First Co.,Ltd.)のMは、又一グループの頭文字で、スクラムを組む、一致団結するという意味を持っており、社是の『和を以て貴しと為す』にも通じます。ファーストは、又一の「一」、伊藤衣料の頭文字「I」に通じ、ファーストコールカンパニー、一番先にお呼びのかかる会社を目指すという意味を持っています。

社長インタビュー

高い専門性とオリジナリティーのある企画提案型企業としてお客様に満足いただけるファーストコールカンパニーを目指してまいります。

株式会社 エムファースト
代表取締役社長 伊藤 雅彦

当社は1921年(大正10年)に創業し、時代とともに移り変わるファッショントレンドや流通チャネルの変遷に対応しながら、今日まで発展してきました。2009年には、流通チャネルごとに展開してきた会社を1つに統合し、新たにエムファーストとして発足しました。統合後も従来からの強みである「製造」と「卸」を原点に、レディースファッションにおいて、より高い専門性とオリジナリティーのある企画提案型企業として、顧客満足度の充足をめざしています。
当社の存在意義は、ファッショナブルな分野に基軸を置き、付加価値の高い商品をできるだけ納得のいく価格で、お客様に提供することです。常に半歩先の消費者ニーズをキャッチして、感性・品質・価値観の備わったファッションをスピーディーに企画・商品化し、マーケットに供給するSCM(サプライチェーンマネージメント)力を発揮することにより、存在意義を高めています。
近年は、自社ブランド開発にも注力し、より消費者に近い場所での取り組みも進めています。また、完成度の高い商品をお届けするため、国内生産体制の見直しと、海外生産における品質確保と技術向上にも取り組んでいます。
今後、国内においては、ますます多様化が進む流通チャネルの開発と、お客様とのコラボレーションも含めたマルチブランド化を推進する一方、海外においては中国市場のほか、ASEAN市場も視野に入れたビジネスを展開していきます。
社員一人一人においては自らの仕事についてプロフェッショナルに徹し、お客様から一番にお声をかけていただけるファーストコールカンパニーを目指し、顧客満足度を満たす創意と努力を続けてまいります。

ページトップヘ